【図録】幕末・明治の横浜展 新しい視覚と表現

【図録】幕末・明治の横浜展 新しい視覚と表現
サイズ:285×227mm  1200g
2000年1月15日から3月26日まで開催。
横浜港が開港して一漁村だった横浜は外国人居留地を擁する商業と貿易の町へと急激な変貌を遂げました。その混乱の時代に西洋人が持ちこむ文化と日本人の文化、それぞれの立場から見て解釈されたそれぞれの文化、西洋から持ちこまれた技術(写真、油絵、水彩画、石版画など)を学んで出てきた新しい表現法。いろいろなものが混合し複雑に絡み合い、新しい視覚表現がでてきました。横浜は新しい表現の出発点だったのです。(あいさつ文より。)
価格 : 890円 (税込)
数量